屋根塗装Roof Painting

屋根塗装

20年で1,000件の実績がある
職人が施工する屋根塗装工事

外壁塗装をおこなう時に外壁と一緒に行うことの多い屋根塗装は、屋根の外観を綺麗にする・強度を高める以外にも
遮熱や断熱効果もあるといった生活環境を改善にも繋がります。

About Roof Painting

耐久性のある屋根に仕上げるための施工技術

屋根塗装は美観をより高めるのはもちろんのこと、いかに長持ちする屋根を作り上げるかを重視しながら施工していきます。
耐久性のある健康な屋根を造るための細かい作業や塗料の選定を重視していきます。

縁切り

1.縁切り (タスペーサー)
コロニアルとコロニアルの間に隙間を空けないと部屋の中の湿気が抜けず、腐ってしまいます。より長持ちさせるために、タスペーサーという部材を入れて縁切り作業を行い、家の耐久性を保ちます。

屋根部材の耐久性を持たせる

2.屋根部材の耐久性を持たせる
シリコンや耐久性の高い塗料を使って屋根部材の耐久性を保ちます。

屋根の種類Roof Type

和瓦(粘土瓦)

和瓦(粘土瓦)
粘土質の土を瓦の形にして乾燥させた後、高温(1,000~1,250℃)の熱でじっくりと焼いた瓦を和風住宅に合った形状にしたものをいいます。

化粧スレート

化粧スレート(コロニアル)
主原料にセメントと繊維材料を使用して、5mm前後の薄いセメント板に加工した人工的な屋根材。現在日本の建物では最も使われている屋根になるかと思います。

セメント瓦

セメント瓦
セメントをメインに使用した屋根材です。瓦の厚みや重量があるため、暑さや結露防止に役立ちます。ただ、耐久性が低いため、塗装などのメンテナンスは定期的行わなければいけません。

金属系屋根材(ガルバリウム鋼板)

金属系屋根材(ガルバリウム鋼板)
近年普及し始めたガルバニウム鋼板は鉄を守るように開発された屋根材。防錆や耐久性や耐熱性にも優れているため外壁等にも使用されてる材料です。

屋根の状態Roof Type

雨漏り

雨漏り
屋根の機能が失われてい状態です。雨漏りが出始めたら屋根塗装の検討が必須です。

屋根のコケ・カビ・色褪せ

屋根のコケ・カビ・色褪せ
防水機能や塗料の効果を失っている可能性があり、塗料の耐用年数が切れている恐れがあります。外壁塗装の検討が必須です。

屋根割れ

屋根割れ
屋根材自体の耐用年数が切れているか、ひび割れを起こしている可能性があります。屋根割れは、屋根塗装の検討が必要です。

金属部分の腐食

金属部分の腐食
防水機能や塗料の効果切による、金属の腐食が進行している状態です。錆が目立ってきたら、屋根塗装の検討おすすめです。
Service

屋根塗装サービス

屋根塗装は美観をより高めるのはもちろんのこと、いかに長持ちする屋根を作り上げるかを重視しながら施工していきます。
耐久性のある健康な屋根を造るための細かい作業や塗料の選定を重視していきます。

屋根塗装工事

  • 外壁の高圧洗浄

    屋根の高圧洗浄
  • 下地処理

    下地処理
  • タスペーサー

    タスペーサー
  • 足場

    プライマー
  • 中塗り

    中塗り
  • 上塗り

    上塗り
Paint

屋根に使用する塗料の種類

塗料の種類 耐用年数 特徴
アクリル樹脂塗料 5~7年 油性ペイントより耐候性に優れ、色あせしにくい。
ウレタン樹脂塗料 7~10年 耐久性、耐候性、耐薬品性に優れ、多方面で使用されている。
シリコン樹脂塗料 10~13年 フッ素樹脂に次ぐ高耐候性。住宅の塗り替えに推奨品。
フッ素樹脂塗料 12~15年 高耐候性で塗膜はガラス質に近く、 汚れも付きにくい。高価なのが難点。

※その他に、遮熱・放熱塗料もございます。詳しくはお問い合わせください。

Service flow

屋根塗装の工程

足場の設置、メッシュシート設置

STEP1足場の設置、メッシュシート設置

良い塗り替え工事をするためには、しっかりした足場の設置は基本です。
塗料の飛散防止のためにメッシュシートを取り付けます。
また、工事着工前には近隣へのご挨拶には、私たち職人からもお伺いします。

高圧洗浄

STEP2高圧洗浄

丁寧に洗浄することで、旧塗膜と新塗膜の付着を良くさせるため、ほこり、コケ、カビ、チョーキングの粉などの汚れを落とし、綺麗な状態にします。

窓ガラスも一緒に洗っちゃいますよ。なかなか手の届かないところがありますよね。

クラック処理

STEP3縁切り (タスペーサー)

コロニアルとコロニアルの間に隙間を空けないと部屋の中の湿気が抜けず、腐ってしまいます。より長持ちさせるために、タスペーサーという部材を入れて縁切り作業を行い、家の耐久性を保ちます。

屋根の塗装

STEP4屋根の塗装

ローラーと刷毛で塗り替えていきます。「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回が基本です。吹き付けで作業を行うと、近隣に飛散したり、既定の塗料の塗付量が塗れず、行いません。塗った回数を分かりやすくするために中塗りの色を変える塗装屋さんもあるようですが、その場で顔料を混ぜて色を作ったりすると、塗料が持つ本来の性能が落ち、耐久性が悪くなることがあります。また経年劣化により、表面の塗料が落ちて中の色が出てくることも……。そういった劣化を防ぐため、「中塗り」「上塗り」は同じ色で仕上げています。

Works

施工事例

埼玉県所沢市 Y様邸
埼玉県所沢市 Y様邸
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • シール工事
東京都大田区 Y様邸
東京都大田区 W様邸
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • FRP防水
東京都文京区 N様邸
東京都文京区 I様邸
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • FRP防水
埼玉県所沢市 Y様邸
東京都文京区 N様邸
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • 床クリーニング
Process

工事着工までの流れ

  • お問い合わせお問い合わせ
  • 現地調査現地調査
  • ご提案・お見積りご提案・お見積り
  • ご契約ご契約
  • ご近所へのご挨拶ご近所へのご挨拶
  • 工事着工工事着工

詳しくはこちら

Contact Us

現場によって作業内容が異なるため、お見積りには現地調査(無料)が必要です。
コロナウイルス蔓延防止対策の一環として、現在、LINEによる簡易診断も承っております。お気軽にお問い合わせください。